柔道の投げ技の成功を組み手の姿勢から予測する手法を開発 〜スポーツ技能が上達するコツをビッグデータから探し出す〜

【 研究概要 】

 スポーツの目標となる運動を達成するために、従来からの方法では、目標となる動作をしている間に注目し、その動作を見てコーチがコメントすることや、動きをあらわす数式を作って比較していました。しかし、コーチの主観が入ることや、動作をしている個人に注目しているため、格闘技などの対戦相手からの力がかかるスポーツの解析が十分にできていませんでした。本研究成果では、成功させたい動作の直前状態を記録したビッグデータを使って、その動作を成功する要因はどこなのかを見つける手法を開発しました。
 本成果では、動作の映像から、外的な要因を含む目標の動作の直前の体勢から、考えうるすべての部位を記録したビッグデータを、χ2(カイ二乗)検定と呼ばれる統計手法に適用し、目標の動作が成功するときの直前姿勢に必要な要因を明らかにする手法XSM(Extraction for Successful Movement) を開発しました。さらに、XSMを柔道の投げ技に適用し、投げが成功する直前体勢を構成する要素(例えば、袖のつかみ方、足の方向、など)の組合せを、世界選手権の映像を元に作成したビッグデータを元に、明らかにしました。
 本研究の成果は、今まで知り得なかった直前姿勢からの動きのコツをビッグデータから引き出すことで新たなトレーニング理論を導く手法です。さらに、対戦相手が技に入る前の癖を発見でき、試合での戦略を練ることにも利用できる新しい手法です。

Read More

Research articles in Journals and Magazines

  1. Satoshi Kato, Shinichi Yamagiwa. Statistical Extraction Method for Revealing Key Factors from Posture before Initiating Successful Throwing Technique in Judo, Sensors, 5884, (2021-09-01), DOI:10.3390/s21175884

プレスリリース

柔道の投技の成功要因を直前の体勢から発見する手法を開発 〜スポーツ技能上達のコツをビッグデータから探る〜 – TSUKUBA JOURNAL –

研究資金

JSTさきがけの研究プロジェクトの一環として実施されました。

タイトルとURLをコピーしました